まな板の削り直し

まな板の削り直しです。
郵送でご依頼を承りました。

長年愛着を持って使い込まれた木曽ひのきのまな板です。
厚みがあり、とても使いやすそうです。

毎日の台所を下支えしてきただけあって、
表面には欠け、小口には黒ずみがありました。

お送りいただいた時の状態です

端が欠けてしまっています

まな板の歴史を感じますね・・・

まな板の削り直しは、一般家庭で使用するサイズであれば、
電動工具で対応できるので簡単です。

まな板の4面をプレーナー(自動かんな盤)にかけて、表面を少しずつ削り出します。
小口の2面は、スライド丸のこで切り落とします。

すると見る見るうちに、新しい面が現れて新品のようになります。
今回は通常より少し多めに、欠けがなくなるまで削りました。

角を軽く面取りしたら、完成です。

表面がつるつるになると光も反射しますね

また暫く台所で活躍してくれそうです

以前に当店で購入いただいたまな板以外でも、削り直しを承っております。
郵送、お持込のどちらも対応可能です。お気軽にご依頼ください。

お問合せ、お申し込みは、
Studio7Squares、または井上木材のお問合せページからどうぞ!
(外部リンクです)

コメント