投稿

お持ち込み頂いたウォールナット材から飾り梯子を製作しました。

お持ち込みの材料でオーダーメイド飾り梯子を製作しました。 もともとフリマアプリで購入された飾り梯子をお持ちで、その形のままもう少し表面が滑らかなものが欲しいと思い、ご自身で製作するためウォールナットの端材を購入されたそうです。 ところが、届いた端材が思いのほか小さく、サイズも不揃いでどのように作るか困っていたところ当店のホームページを見つけたとのことでした。 まずは元々お持ちの飾り梯子を見せていただき、そのサイズや角度を計測して簡単な図面を作りました。 もともとの飾り梯子は2×4材をビスで組んだもので、艶ありの茶色い塗料がベタ塗りの様な感じで塗ってありました。 お持ち込み頂いた材料は細かいものが多かったのですが、それらを全部はぎ合わせて飾り梯子にしていくことになりました。 まずは一つ一つ製材して直角を出し、そこからさらにもう一面を直角を出した面と平行になるように製材していきます。 飾り段になる部分は幅狭の材を木工用のボンドではぎ合わせハタガネで締めて接着し、機械にかけて製作しました。 梯子の長手の2本は、端材の中で比較的長くて幅があるものを4本選んで縦に繋ぎ2本の足を作りました。 組み上げる前に全体の面取りとサンディング、脚部上下の斜めカットをして組み上げました。 卓上に飾れるサイズの小さな飾り梯子で強度はそこまで必要ではないため、脚材を縦につなぐのと全体の組み上げにはFestool社のドミノチップと接着剤を使い接着をしました。 今回は塗装のご指定がなかったので、接着後接着剤を拭き上げて再度サンディングで仕上げ完成です。 その後直接工房まで取りに来ていただき、お渡ししました。 とても気に入ってくださった様でとても嬉しかったです。 その後お客様ご自身でホームセンターにオイルを買いに行かれ、ご自身でオイル仕上げにされたとのことでした。 ウォールナットはオイルで仕上げるととても綺麗な色が出ますので、この写真とは全然違う艶やかな仕上がりになったのではないかと思います。

オーダーメイドで製作した部材から店舗什器をDIY!

分厚いガラス板を使った刃物の裏押し

プレス機を導入しました。

工房が広くなりました!

国分牧場でハーブ摘み

東松山工房2周年

浦賀から三崎までヨットでクルージングしてきました!