MacにWindowsをインストール

Windows7を使用していたPCが先日ついに不具合が起きて起動しなくなってしまいました。セーフモードでは起動できたのですが、通常モードでは画面は真っ黒でカーソルのみ動く、というような状態です。
回復できるよう改めて試みるつもりですが、取りあえず先延ばしにしていた、MacのパソコンにWindowsをインストールすることにしました。

※自分の備忘録として掲載します。それほど詳しいわけではないので間違っている部分もあるかも知れませんが、参考になる所があれば幸いです。

macにwindowsをインストール
MacbookPro13.3にWindow10をインストールしました

Windowsを使用する目的は、JW-CADというWindowsOS用のフリーのcadソフトを使用するためです。
一応JW-CAD for Mac もあるのですが、これは有志の方々がwineというwindows アプリをMacで動かせるソフトを使って作ったもので、最近は更新が止まっており最新のMac OSはサポートしていません。実際使用している方の話では文字や寸法線が上手く表示されず、結局使用するのをやめたとの事でした。

Macで JW-CADを使用するためには、仮想化ソフトを入れてWindowsOSをインストールする、又はWindowsのアプリを直接動かせるソフトを使用する(互換レイヤーというらしいです)、の2択になります。それで検討したのは前者はparallels、後者はcross overです。
Macに標準で入っているBootcampは無料で使用できますが、Macとの切り替え時に一旦シャットダウンしなければいけない、インストール時にMacとWindowsに割り当てるドライブ容量を決めなければいけない点が嫌だったのでやめました。

値段の点ではparallelsの場合は、仮想化ソフト+Windowsのライセンスを購入しなければならないため結構高くなります。cross overの場合はWindowsOSをインストールするわけではないのでparallelsよりは安く抑えることができます。

parallelsは買い切り版とサブスクリプション版があり、それぞれ8〜9千円程度です。買い切り版はmacのOSをアップデートすると使用できなくなるので、アップデートするたびに5,800円かかり、サブスクリプション版は毎年9千円くらいかかります。
それにwindowsOSも購入する場合は1万4,000円程度プラスになるので、初期費用は結構痛手です。

crossoverはたしか買い切りで、parallelsよりは安く済みます。
ただ、公式に対応しているアプリが限定的な感じがしました。(parallelsが万能なのかは不明ですが…)
公式サイト(英語)に対応するアプリの一覧があり、うろ覚えですがJW-CADのver.7.0は○、ver.8.0は?でした。ver.8.0になってから1年以上経ちますが、対応するかどうか不明ということは、今後JW-CADがバージョンアップする度に使えるのかどうか怪しいのでは、と思います。

parallelsでWindowsを入れてJW-CADを使用している、という情報は意外にもほとんどなかったので、まずはとりあえずトライアルで2週間使用してみました。
paralleslは仮想化ソフトなので、トライアルの段階でもWindosOSは購入しなければいけないだろうと思っていたのですが、parallelsのトライアル版をダウンロードしたらwindows10もセットでインストールされました。

結果的に、特に何の支障もなく(重くなったり、カクついたりが一切なく)Mac上でWindowsOSとJW-CADを使用することができました!!
本当に一つのアプリのようにWindowsやWindowsアプリを使用でき驚きました。
さらにAutoCAD LTのwindows版も全く問題なく動きます。(AutoCADについてはまた別途書きたいと思います)

強いて言えば気になるのは、
・テンキーの00(ゼロ2つ)の入力ができない
・キーボード配列が微妙に違う
 →キーボードの設定を何とかすれば解消できるかもしれません。

・Macのキーボードにファンクションキーがないので、CADの使用時はtouch barをファンクションキー表示にしておかなければならない
 →これはparallelsとは関係なくmacの問題ですが・・・

これから使用していく内に不具合が出る可能性もありますが、現在のところはこれぐらいです。parallelsの使用感が全く問題なかったので、crossoverの方はトライアルもせずparallelsに決めました。

ストレスなく使用できるという点はとても重要なので、少し高くても問題なく使える方がいいと思い、parallelsを選びました。(crossoverでも何の支障もなく使えた可能性ももちろんありますが・・・)

これから色々とカスタマイズして使いやすさを追求していきたいと思います。
しばらく使用してみて、更に気になる点が出てきたら追加でレビューします。

コメント